検証

【FT2検証結果】負け組ゾーントレード【No.33ユーロドル】

投稿日:2018年3月5日 更新日:

 

負け組ゾーントレードをFT2にて検証しました。

参考負け組ゾーントレードとは

検証結果

-------------------------------------------
獲得金額   :¥9,537
勝率     : 62%  ( 13勝 8敗 )
平均利益   :¥1,988
平均損失   :¥2,038
損益比率     : 1.0 (平均利益/平均損失)
総利益   : ¥25,839
総損失   : ¥16,302
収益率   :  159%  (総利益/総損失)
※100%をプラマイゼロとして計算してます
-------------------------------------------

利確と損切幅を1:1(損益比率1.0)としたトレードで勝率62%でした。

高確率とは言えませんが62%の勝率を維持できれば安定した利益を上げられると思います。

今回の検証結果を振り返ります。

トレードの傾向や迷いを振り返る

今回の検証からはコレといった負けパターンは抽出できませんでした。

検証数、負けトレードともに数が足りません。

今後、全く同じルールで検証を重ねてサンプルを増やしていくとして、ひとまずここまでのトレードを振り返り、トレードの傾向や迷いをまとめます。

傾向① より長期と同じ方向のが勝率は高い

基本的に1h足で価値ある一本や負け組ゾーンを見つけてトレードしますが、同時に4h足も見ており大体の方向感を記録していました。

1h足で仕掛ける方向と4h足での方向感が同じトレードの方が勝率が高かったです。

画像実際のトレード

4勝2敗 勝率66%

理屈で考えても長期と同方向のが勝率が高いのはわかりますが、トレード数は激減します。

全6トレードではあまりにもサンプル数が少なすぎて判断できません。

それと4h足で方向感がわからない時にはトレードに迷いも生まれます。

「じゃあ日足は加味しないのか?」などと考えるとさらに迷います。

今の時点では参考程度に記録しておいて、サンプル数が増えて明らかな優位性が見えればルールに加えていこうと思います。

傾向② 勝ったトレードはすべて目標の安値まで達成した

価値ある一本の基本概念として「戻しを受けた後、再び安値まで到達する(売りの場合)」というものがあります。

図で言うと価値ある一本(青線)発生後、黒線の戻しを受けるが再び緑丸の安値まで到達する。というもの。

今回のトレードでも損益比率1.0で利確で終わったトレードは、全て緑丸まで到達していた。

画像目標到達

赤①に対して赤②の押し目買いが入り、青①によって赤②の押し目買い勢は負け組となる。

これにより青①を価値ある一本と認定。そのまま価値ある一本は青②まで伸びる。

その後一気に戻してきて負け組ゾーンにタッチしエントリー。

損益比率1.0で利確した後も順行し紫丸の安値まで到達した。

※FT2では紫丸です。ごめんなさい。

全ての勝ちトレードで紫丸を達成していたので今後、利確位置を動かすことも検討していきたい。

迷い① 価値ある一本の長短

利確位置が紫丸を超える場合、つまり「価値ある一本が短い場合、トレードするべきか?」で、とても迷った。

画像価値ある一本が短いケース

赤線が価値ある一本で水色のゾーンが負け組ゾーン。

ゾーンの広さ=損切幅となるので、ゾーン幅に対して価値ある一本が短い場合は、利確位置が紫丸を超えるのである。

傾向②で見えてきたことも踏まえて、今後は価値ある一本が短い場合にはトレードを見送ることも視野に入れていきたい。

迷い② 1波の強弱

上の画像で言うと青①1波と呼ぶ。

1波が「強い」と感じるほど戻り売りの青②の本気度が増す。

それだけに赤線の価値ある一本が強くなり同時に負け組ゾーンの反応も強くなる。

つまり「負け組ゾーンの反応と1波の強さは比例する」と考えている。

画像強い上昇

上の画像では1波の上昇がのレジスタンスを超えており、「強い」と感じる上昇に見える。

画像弱い上昇?

一方こちらの1波は単なる一時的な上昇トレンドであり、「強い」とは感じない。

「何をもって強いと感じるのか」はとても迷うところだが、今回の検証では1波の強弱は加味していない。

これからの検証で加味すべきか判断したい。

次回の検証に向けて

傾向や迷いは多々あるが、今回のプラス収支がまぐれではないか?を検証することが何よりも重要と感じる。

つまり、今回と全く同じトレードを繰り返すことが次回の検証の肝となる。

ここでまとめたような傾向や迷いによって、トレードが変わらないように注意したい。

本当に注意したい!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
あなたのポチッが僕の元気になります
「参考になった!」
と感じた時だけで結構です
2つとも応援お願いします
「Ctrl」+クリック
でスムーズに応援出来ます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログへ
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柴田絢哉

パチスロで小遣いを稼いでいた成功体験をもとに「もっと稼ぎたい」とFXへ転向。その直後からFXの難しさに打ちひしがれる毎日。でも、絶対に負けない、あきらめない。FXのプロに俺はなる!

おすすめ記事一覧

1

ゾーン 相場心理学入門より抜粋   プロのトレーダーはカジノ業者と同じ様にトレードを確率の ...

2

この2冊を読んでタートルズのブレイクアウト・システムをまとめてみました。 ※タートルズとは 目次1 ...

3

良いトレードをしたい!   誰もが思うことでしょう。   そこで疑問が生まれます ...

4

エッセンシャル思考とは?   より少なく、しかしより良くという考え方   一言で ...

5

結論だけ見たい方は目次から【結論】へスクロールして下さい 目次1 理由① 注文方式1.1 ①トレーダ ...

-検証
-,

Copyright© 超本気!FXのプロになる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.