FXの基礎知識

サポートレジスタンスの引き方

投稿日:2014年11月9日 更新日:

lineimagesDT9KMPVT

 

サポートレジスタンスの重要性については以前お話しました。
参考:サポートレジスタンス

 

ここではサポートレジスタンスラインの基本的な引き方についてお話しします。

 

サポートレジスタンスラインは引こうと思えば、いくらでも引けます。

 

ラインを引き過ぎて逆に迷ってしまう事もあるかと思います。

 

そこで重要なのがシンプルな考えで引くということです。

 

シンプルな考えで強力なラインのみ限定すれば迷いが減るでしょう。

 

強力なラインとは・・

 

簡単に言うと、長期の時間足のラインです。

 

長期の時間足の方が見てる人が多いです。

 

短い時間足になるほど、見る人は減って来ます。

 

見てる人が多ければ多いほどその価格(ライン)は意識されます。

 

意識されるほど買と売りとの攻防が激しくなり、そのラインを境にした動きが出ます。

 

僕らが狙いたいのが、まさにこの動きですよね?

 

この動きが出やすい場面にラインを引きたいですよね?

 

引いたラインが全く意識されなければ引く意味がありません。

 

意識されるであろう場面にラインを引く

 

そのために長期の時間足でラインを引くのです。

 

長期とは、どの時間足なのか?

 

どの時間足を長期とするかは人それぞれですが、少なくともエントリーのタイミングを決める時間足よりも長い時間足で引いて下さい。

 

僕の場合、エントリータイミングは15分足で決めます。

 

そして、サポートレジスタンスラインは4時間足日足を見て引いてます。

 

15分足でラインを引くことはありません。

 

15分足だけを見て引いたラインは意識されにくいからです。

 

なので、より意識されやすい4時間足日足でラインを引きます。

ラインを引く場面は3つ

 

長期の時間足で更に引く場面を絞ることで、強力に意識されるラインを引いていきます。

 

ポイントとなる場面は3つです。

 

① 高値、安値

 

単純に目立った高値と安値に引いていきます。

 

高値、安値

 

非常にシンプルです。

 

②押し目、戻し目

 

ダウ理論のトレンドの定義に当てはめて押し目、戻し目に引きます。
参考:ダウ理論

 

押し目

押し目

 

戻し目

戻し目

 

③レンジ

 

一定間隔で横ばいの動きが出た上限と下限に引きます

レンジ

 

以上3つがサポートレジスタンスラインを引く場面です。

 

でも、ラインを絶対視するな!

 

当然のことですが、絶対に機能するラインと言うのは存在しません。

 

あくまでも機能しやすいという意味でラインを引いていきます。

 

絶対視してしまうと、ラインを引いたが故に混乱を招く事もあります。

 

まずは長期足でラインを引いてみましょう。

 

そしてそのライン付近での動きを短期足で確認してみましょう。

 

その動きで意識されてるかどうかはわかるはずです。

 

意識されてるのを確認し、そこでの攻防を制しましょう!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
あなたのポチッが僕の元気になります
「参考になった!」
と感じた時だけで結構です
2つとも応援お願いします
「Ctrl」+クリック
でスムーズに応援出来ます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログへ
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柴田絢哉

パチスロで小遣いを稼いでいた成功体験をもとに「もっと稼ぎたい」とFXへ転向。その直後からFXの難しさに打ちひしがれる毎日。でも、絶対に負けない、あきらめない。FXのプロに俺はなる!

おすすめ記事一覧

1

ゾーン 相場心理学入門より抜粋   プロのトレーダーはカジノ業者と同じ様にトレードを確率の ...

2

この2冊を読んでタートルズのブレイクアウト・システムをまとめてみました。 ※タートルズとは 目次1 ...

3

良いトレードをしたい!   誰もが思うことでしょう。   そこで疑問が生まれます ...

4

エッセンシャル思考とは?   より少なく、しかしより良くという考え方   一言で ...

5

結論だけ見たい方は目次から【結論】へスクロールして下さい 目次1 理由① 注文方式1.1 ①トレーダ ...

-FXの基礎知識

Copyright© 超本気!FXのプロになる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.