その他

自己紹介とヒストリー

投稿日:2015年9月6日 更新日:

顔のみ

 

柴田絢哉(しばたじゅんや)と言います。

 

写真は、最も写りの良いものを使用しております。

 

自己紹介とここまでの成功ヒストリーを綴ります。

 

ヒストリー

 

・トラック運転手「えつろう」と、看護婦「かな子」との間に生まれる。

俺誕生

・小学校時代、「給食時の牛乳は俺のもの!」というくらい牛乳を回収していた。それ以外の成功体験は特にない。

 

・中学時代、肌色のソックスを愛用していた事から「肌ソ」と呼ばれる。
その肌ソに牛乳をこぼした状態で登校し、強烈に避けられたのはいい思い出。

肌ソ

・高校時代、マンガ本を万引きして捕まる。そのとき警察に「どこの小学生かね?」と言われるほどのチビであった。
だがそれに対し、「大樹寺小学校です」と答えてみせた。
華麗な成功体験。

 

前述の通り、高校入学時は他の追随を許さない程のチビだったため、背の順では常に一番前でポージング。
だが、卒業時には一番後ろから全てを見下ろす位置にいた。
つまり、全員をごぼう抜きしてやったのさ!
これが牛乳のおかげなのは言うまでもない。
ビッグな成功体験。

 

・遅めの思春期、ベビーフェイスと呼ばれた時代の面影はなく、アトピーに悩まされ顔が腫れる。
外出を控えるようになり、プチ引きこもり。
ムラムラだけが溜まる苦い思春期を過ごす。

 

・柴田の解放期、アトピーを克服し性欲が解放される。
夜な夜な女子を求め、21歳で初チョメチョメを経験。
あま~い成功体験。

 

・絶望期 ー 転換期、べ-チェット病という聞き慣れない謎の難病を発症する。
一時はその事実に絶望するも、たくさんの支えにより這い上がり「生きてるだけでボロ儲け」マインドを獲得する。
最大の成功体験。

 

・33歳の時、なんだかんだで結婚と出産(産んだのは嫁)を経て、子供たちを前に俺はこのままでいいのか?と悩み出す。
FXのプロになる事を決意し、独立の夢を掲げる。

長男次男長女

 

36歳(2015.09.06 当時)、成功体験を伝える」これを一生のビジネスにすると決めた。
とにかく俺が成功体験を積み重ねる!
「父ちゃん、マジすげー」と子供達に言わしめる事が当面の目標。

プロになる

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
あなたのポチッが僕の元気になります
「参考になった!」
と感じた時だけで結構です
2つとも応援お願いします
「Ctrl」+クリック
でスムーズに応援出来ます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログへ
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柴田絢哉

パチスロで小遣いを稼いでいた成功体験をもとに「もっと稼ぎたい」とFXへ転向。その直後からFXの難しさに打ちひしがれる毎日。でも、絶対に負けない、あきらめない。FXのプロに俺はなる!

おすすめ記事一覧

1

ゾーン 相場心理学入門より抜粋   プロのトレーダーはカジノ業者と同じ様にトレードを確率の ...

2

この2冊を読んでタートルズのブレイクアウト・システムをまとめてみました。 ※タートルズとは 目次1 ...

3

良いトレードをしたい!   誰もが思うことでしょう。   そこで疑問が生まれます ...

4

エッセンシャル思考とは?   より少なく、しかしより良くという考え方   一言で ...

5

結論だけ見たい方は目次から【結論】へスクロールして下さい 目次1 理由① 注文方式1.1 ①トレーダ ...

-その他
-

Copyright© 超本気!FXのプロになる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.