トレード履歴

16.01.21 ドル円 入れなかったトレード

投稿日:2016年1月23日 更新日:

今日もまた、入れなかったトレードをお話しします。

 

お前、入れなかったトレードばっかりやん!ってツッコミはなしでお願いします。

 

今回入れなかった理由は、仕事中でその瞬間を見ていなかったからです。

 

環境認識も合わせて話していきます。

 

日足、4時間足

 

日足ではずっと下げながら、サポートに位置していた。

d

 

4時間足では、そのサポートから上昇の兆しを見せて緑色の上昇を描く。

 

緑点線の上昇継続を期待した押し目買いが、負けたであろう下降(黒線)を見て戻り売りを狙っていた。

 

4

 

黄色で囲った位置まで戻ってきたら、売ろうと考えていた。

 

5分足

 

5

 

予想していた黄色の位置まで、戻しの上昇を形成。

 

この上昇が崩れるのを5分足で待っていた。

 

緑点線の上昇を期待した押し目買が失敗し、上昇の転換を確認。

 

黒斜線から下降トレンド発生と判断し、戻りでエントリーしようと待っていた。

 

黒斜線が引けた時点で、利食いポイント、損切りポイント、エントリーポイント、ロット数が決まった。

 

51※ 赤点線が利食いポイント、青点線が損切りポイント

 

この時点で、IFO注文を入れよう!と考えたが、

 

「すぐ戻るから」という理由で、お客様先へ訪問した。

 

訪問先から帰った時には、エントリーポイントである赤丸はとっくに過ぎており、どんどん下げていた。

 

想像以上に一瞬の出来事であった。

 

反省点、考察

 

「あの時、IFO注文しておけば」

 

と、激しく悔やんだ時代が僕にもありました。

 

がしかし、IFO注文を入れるべきかどうかで迷って先送りにした自分が弱かったと思う事にしました。

 

今の時点では、仕事に支障が出るようなトレードは出来ません。

 

じっくりとエントリーポイントまで来るのを、待つことは出来ません。

 

だからこそ、IFO注文を入れるかどうかの素早い判断が求められます。

 

その判断が出来るだけの自信を積み重ねていく必要があるなと感じました。

 

とは言え、どれだけ素早い判断をしようが、仕事中であれば若干の支障は出ますけどね(笑)

 

それはまた、別のお話し。

 

売りポイントの見方としては良かったのでは?と感じています。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
あなたのポチッが僕の元気になります
「参考になった!」
と感じた時だけで結構です
2つとも応援お願いします
「Ctrl」+クリック
でスムーズに応援出来ます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログへ
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柴田絢哉

パチスロで小遣いを稼いでいた成功体験をもとに「もっと稼ぎたい」とFXへ転向。その直後からFXの難しさに打ちひしがれる毎日。でも、絶対に負けない、あきらめない。FXのプロに俺はなる!

おすすめ記事一覧

1

ゾーン 相場心理学入門より抜粋   プロのトレーダーはカジノ業者と同じ様にトレードを確率の ...

2

この2冊を読んでタートルズのブレイクアウト・システムをまとめてみました。 ※タートルズとは 目次1 ...

3

良いトレードをしたい!   誰もが思うことでしょう。   そこで疑問が生まれます ...

4

エッセンシャル思考とは?   より少なく、しかしより良くという考え方   一言で ...

5

結論だけ見たい方は目次から【結論】へスクロールして下さい 目次1 理由① 注文方式1.1 ①トレーダ ...

-トレード履歴
-

Copyright© 超本気!FXのプロになる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.